FAQ・・・よくあるご質問

徐々に質問を追加していきます!


Q. 第4期ツアーの出発空港・利用航空会社を教えてください。

 

A. 今回は、出発日当日に関空集合、出発・帰国とさせていただきます。 

午前中に関空に到着する国内線を利用し、集合してください。

東京方面からは、人数が多いので、全員で羽田(もしくは成田)ー関空の便を利用していただくことになると思います。

帰国時は、ご家族の方に関空でお出迎えをしていただくか、関空から各地へ飛ぶ、夕方の便をご利用ください。

 

Q. 現地でのお小遣いなどはどうしたらいいですか? 

 

A. PKJツアーでは、小学生には多額の現金どころか、お財布を持たせないようにしています。 おみやげの購入時は、代表がクレジットカードで立て替え、あとで親御さんに請求いたします。 中学生以上は、自分で管理できれば、現金を持って来ても構いませんが、あまりお勧めはしていません。

 

Q. デジカメ、携帯は持たせてもいいですか?

 

A. PKJツアーでは、小学生のお子さんには携帯の持ち込みはお勧めしていません。 デジカメくらいであれば、自己責任で、持って来てもらっても大丈夫です。 壊れたら困るもの、貴重品の持ち込みは現金です。 中学生以上は、自己判断になりますが、活動中のスマホの利用などは、スタッフの指示に従うことがお約束です。

 

Q. 参加費はどのように決まりますか? いつ支払いますか?

 

A. PKJツアーの参加費、渡航前の1度目(航空券購入直後)お支払金額の内訳は以下の通りです。

 

①航空券運賃:セブ国際空港への直行便・平均6~7万円ほど。なるべくセール期間での購入を目指しています。

②現地費用:宿泊費・食費・出国税750ペソ・移動費(船、レンタカー、ガソリン代含む)・プログラム費・現地スタッフおよび有資格者の人件費・オプションアクティビティ費・現地事前調査費ほか

③渡航前の国内費用:Tシャツ&キャップ製作費、スタッフへのおみやげ代、レンタカー代、資料印刷郵送費用実費、梱包材料(テープなど)費など

 

ツアー後、2度目のお支払金額の内訳は以下の通りです。

 

①現地で代表が立て替えたおみやげ代

②飲み物のアップグレードなどをした場合の差額

③現地で頼んだ洗濯代金 など

 

以上、個人の出費以外のものを、人数で割りますので、正確な支払金額は参加人数により変動します。

概ね、1度目の支払については、航空券以外の②と③を合わせて、10~14万と想定しています。

 

※上記に含まれないもの:海外旅行保険費用、パスポート取得費用、WEG手続きに関わる費用、国内空港までの交通費、6月合宿に関わる費用・通信費など

 

 Q. 次回以降のPKJツアーの予定は?

 

A. 第4期以降、本来でしたら第5期プログラムを2019年春休みに開催するところですが、代表の個人的な都合により、今後の開催予定は以下の通りです。

 

PKJスピンオフ(番外編)ツアー:タイ・ラオスを予定・2019年夏休み開催・第4期までのOBおよびその御家族のみ参加可能

2019年1月 第5期プログラム(出身地限定ツアー?)開催可能性あり

2020年夏休み 第6期プログラム(通常のセブ島ツアー)開催予定あり

 

 Q. 英語力はどのくらいあればいいですか?

 

 

A. ツアーに参加するに当たり、基本的に英語力はあまり必要とはされません。 もちろん、英語が分かるほうがスタッフや現地の子ども達とのやり取りもスムーズで、楽しさは倍増かもしれませんが、特に英語で自己紹介したりする場面は余りないかと思われます。 ただし、英語での歌(第3期は「幸せなら手をたたこう」)をプレゼンの一部としてやるとなれば、英語の歌を覚えてもらうことはあるかもしれません。

 

 Q. プレゼンの内容はどうやって決まりますか? また事前に、練習が必要ですか?

 

 

A. 5月以降立ち上げる、グループLINEの中で、団長が中心となり、全員で決めていきます。  事前に練習が必要なものもあると思います。 2期生から続けている、現地の子たちと一緒に歌うタガログ語バージョンの「ビューティフル・ネーム」は、覚えてもらうことになると思います。 その他のパフォーマンスは、個人でやるもの、グループでやるもの、内容によります。

無理のない範囲で、構成していきましょう。 毎回、みんなの特技を披露する、いろいろなアイデアが出て面白いですよ。